平成29411日改定

  

彩の国いきがい大学 蕨学園第23期校友会 規約

  

(名称)

第1条 本会は、彩の国いきがい大学蕨学園第23期校友会という。

(事務局)

第2条 本会の事務局は、総務部長宅に置く。 

(目的)

第3条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、自主的な社会参加活動への

      意欲を助成し、もって会員の生きがいを高めることを目的とする。

(組織)

第4条 本会の会員は、彩の国いきがい大学蕨学園第23期卒業生をもって

            組織する。但し、会費を納めた者とする。                

(事業)                                                             

第5条  本会は、第3条の目的を達成するため次の事業を行う。

     (1)会員相互の連絡と提携

      (2)高齢者の社会参加と生きがいの普及啓発

     (3)その他目的達成に必要な事業の実施

 (理事と役員)                                                       

第6条 本会に次の理事と役員を置く。

     (1)理事 第7条の(1)(3)の通り

     (2)役員 会長   1名

           副会長   3名          

          会計   2名

           監事    2名

    2.理事と役員の任期は1年とし、再任を妨げない。

      但し、補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 (理事と役員の選出)

第7条 理事と役員の選出は、次のとおりとする。

   (1)理事は、各班の班長・副班長・クラブ部長があたり、人数が4名

            以下の班は1名を理事とする。

      (2)会長・副会長・会計は、原則として理事の互選とするが、会長・

            副会長は一般会員の中から理事会推薦にて選任する事も出来る。

                  いずれの場合も総会において承認を得る。会長・副会長が途中交

                  代の場合は、理事会の承認を得て継承する。

    () 会長・副会長が理事の互選により選任された班は、班長・副班長

            を改めて選出できるものとし、一般会員から選出された役員は理

            事とする。

      (4)監事は会長が委嘱のうえ決定し、総会において報告する。但し、

                  監事は理事を兼ねることができない。途中交代の場合は、会長が

            委嘱し理事会で報告する。

      (5)次期理事・役員候補の選出時期は当該年度の12月とする。

(役員の職務)

第8条 役員の職務は、次のとおりとする。

    (1)会長は、会を代表し、会務を統括する。

    (2)副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは会長の職務を代行

             する。

       (3)会計は、会計事務を行う。

    (4)理事は、担当の業務を執行する。

       (5)監事は、会計を監査する。

(会議)

第9条  会議は、総会と理事会とする。

    (1)総会は、年1回開催し、事業報告・決算の承認・事業計画・予算

             案の承認並びに規約改正等の審議決定する。但し、会長が必要と

             認めたとき、又は会員の3分の2以上から総会開催の請求があっ

             たときは、臨時に総会を開催することができる。

    (2)理事会は、理事で組織し、会の事業に関する事項を審議する。理

             事会は、必要の都度開催する。

       (3)総会及び理事会は、会長が招集する。

    (4)総会の議長及び理事会の議長は、会長を充てる。

    (5)会議は構成員の過半数の出席をもって成立し、議決は出席者の過

             半数で決し、可否同数のときは、議長が決する。

(会費)

10条 本会の経費は、会費及びその他の収入をもって充てる。

       .会費は、年額3,000円とする。

   .休会者(退会者含む)が、4月~9月の間に復会した場合の会費は年額

        3,000円とし、10月以降に復会した場合は1,500円とする。

     4.但し、理由の如何にかかわらず会費の返金はしない。

 (会計年度)

11 本会の会計年度は、毎年4月1日にから翌年3月31日までとする。

 (その他)                                                         

12条 この規約による事業を円滑に実施するため、別に細則を定める。

 

(附則)

       この規約は、平成29年4月11日から実施する。         

 

 

規約第12条による細則

 

第1条 規約第5条の事業を実施するため、総務部・企画部・広報部の3部を

    置くものとする。

第2条 前条の各部に部長を置き、その職は副会長が充たるものとする。

第3条 第1条に定める総務部・企画部・広報部の所掌事務の範囲は、次の

       とおりとする。

           1 総務部

          (1)校友会の事務・総合調整に関すること。

     2 企画部

        (1)事業の計画及び実施に関すること。

    3 広報部

        (1)校友会の会報発行に関すること。

        (2)広報一般に関すること。

第4条  ホームページに関しては、別途『ホームページ運用規定』を定める。

 

                                                                  平成28118日改定

                

                  彩の国いきがい大学 蕨学園第23期校友会 規約

  

 (名称)

第1条 本会は、彩の国いきがい大学蕨学園第23期校友会という。

(事務局)

第2条 本会の事務局は、総務部長宅に置く。

(目的)

第3条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、自主的な社会参加活動への

            意欲を助成し、もって会員の生きがいを高めることを目的とする。

(組織)

第4条 本会の会員は、彩の国いきがい大学蕨学園第23期卒業生をもって

            組織する。但し、会費を納めた者とする。                

(事業)                                                           

 第5条  本会は、第3条の目的を達成するため次の事業を行う。

     (1)会員相互の連絡と提携

     (2)高齢者の社会参加と生きがいの普及啓発

     (3)その他目的達成に必要な事業の実施

 理事と役員                                                     

 第6条 本会に次の理事と役員を置く。

    (1)理事 第7条の(1)(3)の通り

    (2)役員 会長   1名

          副会長   3名

          会計   2名

          監事    2名

    2.理事と役員の任期は1年とし、再任を妨げない。

            但し、補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 (理事と役員の選出)

 第7条 理事と役員の選出は、次のとおりとする。

    (1)理事は、各班の班長・副班長・クラブ部長があたり、人数が4名

                   以下の班は1名を理事とする。

        (2)会長・副会長・会計は、原則として理事の互選とするが、会長・

                   副会長は一般会員の中から理事会推薦にて選任する事も出来る。

                   いずれの場合も総会において承認を得る。会長・副会長が途中交

             代の場合は、理事会の承認を得て継承する。

       () 会長・副会長が理事の互選により選任された班は、班長・副班長

                   を改めて選出できるものとし、一般会員から選出された役員は理

                   事とする。

          (4)監事は会長が委嘱のうえ決定し、総会において報告する。但し、

                   監事は理事を兼ねることができない。途中交代の場合は、会長が

                   委嘱し理事会で報告する。

          (5)次期理事・役員候補の選出時期は当該年度の12月とする。

  (役員の職務)

 第8条 役員の職務は、次のとおりとする。

    (1)会長は、会を代表し、会務を統括する。

    (2)副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは会長の職務を代行

                  する。

          (3)会計は、会計事務を行う。

    (4)理事は、担当の業務を執行する。

      (5)監事は、会計を監査する。

  (会議)

 第9条  会議は、総会と理事会とする。

     (1)総会は、年1回開催し、事業報告・決算の承認・事業計画・予算

                  案の承認並びに規約改正等の審議決定する。但し、会長が必要と

            認めたとき、又は会員の3分の2以上から総会開催の請求があっ

                  たときは、臨時に総会を開催することができる。

    (2)理事会は、理事で組織し、会の事業に関する事項を審議する。理

                   事会は、必要の都度開催する。

          (3)総会及び理事会は、会長が招集する。

    (4)総会の議長及び理事会の議長は、会長を充てる。

    (5)会議は構成員の過半数の出席をもって成立し、議決は出席者の過

                  半数で決し、可否同数のときは、議長が決する。

  (会費)

 10条 本会の経費は、会費及びその他の収入をもって充てる。

       .会費は、年額3,000円とする。

   3.但し、理由の如何にかかわらず会費の返金はしない。

   (会計年度)

 11条 本会の会計年度は、初年度は設立の日より始まり翌年3月31日まで

           とし、翌年度からは毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

   (その他)                                                        

 12条 この規約による事業を円滑に実施するため、別に細則を定める。

  

(附則)

       この規約は、平成28年11月8日から実施する。         

  

  

 

     規約第12条による細則

  

第1条  規約第5条の事業を実施するため、総務部・企画部・広報部の3部を

       置くものとする。

第2条  前条の各部に部長を置き、その職は副会長が充たるものとする。

第3条  第1条に定める総務部・企画部・広報部の所掌事務の範囲は、次のとおりとする。

    1 総務部

       (1)校友会の事務・総合調整に関すること。

       2 企画部

           (1)事業の計画及び実施に関すること。

     3 広報部

           (1)校友会の会報発行に関すること。

           (2)広報一般に関すること。

第4条  ホームページに関しては、別途『ホームページ運用規定』を定める。

  

23期校友会会則.pdf
PDFファイル 168.9 KB

閲覧カウント

無料カウンター

訪問者数

カウンター

・ 訪問者数実績

年 / 月    訪問者  カウント 

2015/9/19 新設     1000

2015/ 9      197    1197

2015/12   1989    3186

2016/ 3    2351    5337

2016/ 6    2170    7507

2016/ 9    2295    9802

2016/12   1866   11668

2017/ 3    1830   13498

2017/ 6    1442   14940

2017/ 9    1265 16205

2017/12   1393   17598

2018/3   2011   19609